レバレッジで海外FX業者を比較

【レバレッジとは】

海外FXを始める際には、元手となる証拠金を入金してそこからFX取引を始めていきます。この証拠金を数倍から数百倍にて取引するのですが、その時の倍率のことをレバレッジと呼んでいます。レバレッジの倍率に応じて利益も大きく変わってくるのです。当然このレバレッジが高いほど大きな利益を得られるようになっています。たとえば1万円の証拠金を元手に、レバレッジを10倍にかけたとして利益が得られた場合、10万円の利益が出ることになります。またその逆もあるので注意が必要です。FX取引では取引によって損をすることも十分あり得ます。例えば1万円の取引で10倍のレバレッジを設定して損が出てしまった場合、10万円の損失額が出てしまうことになります。

【初心者はいきなり高い倍率から始めない】

FX取引の主な利用者は主婦やサラリーマンが多く、投資初心者でも始めやすい資産運用法だと言われています。しかしながら初心者がいきなり大きなレバレッジで取引を行うのは危険を伴います。海外FXでは少ない元手資金で大きな利益を得ることができるというのがメリットなのですが、その反面レバレッジが大きい分、それだけ損をする可能性もあるということを覚えておいた方がいいでしょう。また海外でも日本の業者でもFXでは損をした場合ロスカットという仕組みがあります。それは証拠金として預けている金額以上の損が出ないように、損が大きく膨らみそうな場合は取引を強制終了して大きな損が出ないようにしてくれているのです。

【レバレッジで海外FX業者を比較する】

海外FX業者を比較するときに、レバレッジの大きさで比較している方を多く見受けられます。誰もが少ない資金で大きな儲けを得たいからだと思いますが、高いレバレッジを設定してくれる業者を選んだとしても、いきなりそれだけの高い利益を得られるとは限りません。また損をするリスクも考えると、最初から高倍率のレバレッジ取引を行うのはリスクが大きいのです。