海外FXをスプレッドで比較する

【スプレッドに注目】

私達がFX取引を行うにあたり、市場にて直接取引を行うのではなくFX業者を通じて取引を行います。その際の海外のFX業者を利用することを海外FXと呼んでいます。取引を行うたびにFX業者に手数料を支払わなくてはいけないのですが、その手数料のことをFXではスプレッドと呼んでいます。その手数料でFX業者は利益を得ているのです。海外FX業者を比較してみると、手数料無料ということを謳い文句としている業者がいくつか見つかります。そういった業者はどこから利益を得ているのか不思議に思うでしょう。スプレッドとは売値と買値の差額も意味しています。FXでは外貨を売買することでその差益を得るのですが、その売値と買値の差額をスプレッドとしてFX業者が徴収しているのです。取引手数料無料と言っていても、取引で生まれる差益から利益を得ているわけです。

【スプレッドは業者によって異なる】

海外FX業者もスプレッドから利益を得ているのですが、私達利用者はFXで得られる利益をできるだけ増やすためにも、スプレッドで徴収される金額はできるだけ抑えたいと考えるでしょう。業者ごとにスプレッドは異なってきますので、海外FX業者を決めるときには、スプレッドをよく比較してできるだけ低スプレッドを提供してくれる業者を選ぶようにしましょう。海外FX業者を選ぶ時についレバレッジの高さばかり比較してしまいがちですが、取引する回数が増えていくとレバレッジの費用もかさんでいきます。それで自分が得られる利益が減少してしまうようであれば、高いレバレッジの業者を選ぶ意味が無くなってしまいます。

【スプレッドは固定制を選ぼう】

スプレッドにはスプレッドの額が変動する変動スプレットと、スプレッドが一定の固定スプレッドの二種類があります。変動スプレッドは市場の状況によって大きく金利が左右することがあるため、場合によっては高額のスプレッドが発生することがあります。その点を考えると固定スプレッドの方がいつでもスプレッドが一定なので安心して取引できます。