スリッページで海外FX業者を比較

【スリッページについて】

FX取引では、顧客が取引を依頼したときと、実際に取引が行われた時とでレートが異なることがあります。取引の際にレートが良くなれば期待していた以上に利益が出るのですが、その逆の場合利益が得られなくなる、もしくは損をする可能性も十分あり得るのです。こういった事は日本のFX業者でも海外のFX業者でも起こり得ることです。FX取引に関する心得やマニュアルを見てみると、このスリッページによる損益も考えて、取引を行った方がいいと書かれてあったりもします。

【日本と海外FX業者の取引の違い】

日本のFX業者と海外のFX業者を比較してみるとさまざまな違いがあります。その一つが取引方法の違いです。日本のFX業者では店頭取引と呼ばれる方法を採用しており、ある程度トレーダーの判断にて取引が行われることが多いため、注文と実際の取引が行われるのに時間的な差が生まれやすいのです。そのため日本のFX業者に取引を依頼をした場合、スリッページによる利益、損も出やすいと言われています。その点海外のFX業者の場合は注文と取引の時間差が少ないため、スリッページが起こりにくいと言われています。しかしそれによる影響が全くないわけではありませんので、できる限りスリッページが起こらない方がいいのです。

【スリッページによる損を防ぐには】

スリッページにより得をすればいいのですが、損をするととても嫌な気分になるでしょう。そうならないためには、スリッページによる影響を避けるようにすることです。取引注文の際にはスリッページの許容範囲を予め設定することができるのです。そうすることである程度のスリッページを予測することができますので、それに合わせて取引額を決めていくことができます。許容範囲がわかっていれば、取引の結果に落胆するようなことも防げるのです。海外FX業者を比較するときにもこのスリッページによる対策がしっかりととれるかどうかを比較することも、業者選びのポイントの一つになってきます。